2018年8月16日木曜日

20180816 ソフィア&イオス

夕方で、雨が降りそうな空模様なのに、スクールの周りに人がいっぱい。
新幹線の高架を挟んだ向こう側のひまわり畑を見に来た人たち。
スクールの斜めむかいが駐車場で、スクールの駐車場の横を次から次へと人が通る。
なんと、今年はナイターまであるとか。
ソフィアもイオスも当然落ちつかない。
道路に面した側のフェンスはイオスの目線だと人の頭だけがみえるから、
吠えるときがあるから、先生がさりげな~くフェンス沿いにたつ。

イオス
トンネル⇒ハードル⇒もう一回同じトンネル
ハードルを軸にしてぐるっとイオスと一緒に回る感じで誘導。
トンネル⇒ブリッジ(ブリッジの横にブリッジの下に設置したトンネルの入り口)
 先にブリッジに走らずに、トンネル入り口でイオスを待って
 イオスの意識をハンドラーに向けてから、ブリッジを指示しながら走る。
課題のスラローム
 トンネル⇒スラロームでスラロームまで距離があったが、
 トンネル出口でスラロームの指示を出しながら走り込むことで
 早めにスラロームを意識させる。


ソフィア
同じコースを先行とリアの両方のハンドリングで走る。
ソフィアは自分だけ先に走る「リア」が苦手。後ろにいる母を気にして足が止まる。
母が「先行」が苦手。特に走り込んで犬の前に回り込んで待ち
体の方向を変え、バックながら大きく犬を回り込ませるハードル⇒ハードルは苦手。
つまり、ソフィアとのペアではどっちのスイッチも出来上がってない。
イオスは「リア」が得意だし、着地点が遠いから走り込んで受けること自体
ムリなことが多く、「先行」はトンネルの出口ぐらいしか使ってない。
だから、母が先行ってなに?な感じなのだ。
先生に「先行は犬の方を向いて待つ。エアプレーンは犬に背を向けて走る」
と言われて、おお~そうかとようやくわかったぐらい、苦手。
ようやく、ここのところ、なんとなく、こんな感じ?がわかってきた。

「先行」パターン
ソフィアのスピードを落とさないために、先行で受ける位置を注意。
「リア」パターン
ハードルを跳ぶときに母が後ろにいると躊躇したり、ハードルを回避するので
「ジャンプ!ジャンプ!」とコマンドを強めにかけ続ける。
う~ん微妙だけど、前よりまし?
ハウスはリアでも入るから、ジャンプのコマンドで跳ぶハードルを迷うのかなぁ。
リアでジャンプを指示するときに、母の手が下から上に跳ね上げる癖があると指摘。
ソフィアの視線が逸れるから、「どのハードル?これじゃないの?」と迷う。
真っ直ぐにハードルを指すこと。

ソフィアの楽しそうなこと。。。
楽しくて、爆走しかけたけど、落ち着いて「こい」とコマンドを掛けたら戻ってきた。
おぉ~成長したのか?
指示とおりに走ることが、「つぎなに?なに?」って、楽しくなってきたみたい。
喜ばしい・・・。


2018年8月11日土曜日

短期雇用の執事、期間満了?

すっかり、懐いたソフィア。
お散歩にたくさん連れて行ってくれて、遊んでくれて・・
イオスの執事だったにぃちゃんは至れり尽くせりだもんな。


前回まではイオスがべったりで、ソフィアは散歩以外はちょっと距離を保っていたのに、
今回はイオスとにぃちゃんの写真が撮れなかった。
イオスがにぃちゃんに近づく隙がない。
ソフィアが彼女ポジションで甘えている向かい側のTVボードにもたれて寝るイオス。
かわいそう~って抱きついたら「お母さんですか。はぁ~っ」ってされた。


イオスは、前回まではまさに「狂喜乱舞」だったのに、
「帰ってきたんだ。で、いつまでいる?」みたいな感じで落ち着いていて
年を取ったのか、ちょとしかいないお客として認識しちゃったのか・・・
それはそれで、母はちょっと寂しかったりした。

執事は4日間の期間限定執事を務めて、三味線を弾きに帰京しました。

で、久しぶりに庭をじっくりみたら、
クリスマスローズが茶色く枯れていた・・・・
反日蔭に15年ぐらい前に植えた株が、こぼれ種でガンガン増えて、
群生地になっていたのに、全滅。
根っこだけでも、生きていてくれたらいいのだけど。

2018年8月8日水曜日

にぃちゃんも私のもの。

これ、にぃちゃんっていうんだって。
イオスはこれが来てから、強気で~ぇ、ずっとくっついてるの。
だから、ワタシもぉ~、わたしのものにしたくなっちゃったぁ。


ボールもこれも、ぜぇ~~んぶ、ワタシのもの。






 
まくらにしたりしてぇ~かわいいアピール。


2018年8月4日土曜日

走行会

連日の酷暑。
中止かと思ったけど、1時間ずらし、午後4時スタートで開催とのこと。
だけど~~やっぱり暑かった。
結局午後5時前にやっとスタート。
終了は24時5分前。
帰宅は午前0時10分、午前様です。

ビギナー犬は3匹。
なのでミディアムクラスに合せて35センチ。
スタートは集中できたからよかった。
直線コースはスピードを上げていけたし、トンネルを出た後エアで右に入るのもできた。
最後のトンネルからジャンプで右にはいるところもエアにしたところ
右にはいらずに左に来て、ハードルを通り越した。
リトライの前に先生からアドバイス。
*1こ目のトンネルでエアは、入れたら任せてもっと速く出口の先にいること。
*最後のトンネルでエアはトンネル出口とハードルの距離がないから先行で入れ替わる。
*ソフィアから目を離さないこと
先行のトンネルで一度は右に来かけたソフィアが左に入り直した。
しっかり手を出して、右へ誘導すること。
やり直しも、右にきて左に行きかけ、右に戻る・・もたもた。
右に入るってこと?ってソフィアがわかったかな・・。

ビデオを撮ってくれた友達が「ソフィアが迷ったときは目がソフィアから離れてるよ」
「手の振り方が小さいからソフィアにわかりにくいかも。」
前のレッスンで先生が「先行で受けるときは両手を出し両手の間に入れる気持ちで」と
言っていたのを思い出す。
後でビデオをみたら、上手く入れ替わったエアは振り返ってソフィアを見ていたが
先行で上手く行かなかった最後のトンネルはソフィアを見れていなかった。

もう少し、もう少しで嵌るような気がするんだけど、
細かいところをきっちりしていかないといけない。。。


イオス
JPでは、スラロームに成功。
全体的にスピードはないけど、スラロームは入口から出口まで同じスピードが保てた。
暑いから仕方ないのかなぁ。
午後10時すぎとなったAG
集中力にかけて、匂い嗅ぎをしたり、スラロームも抜けた。
AGのリトライ
シーソーの先行位置がうっかり反対になったのだが、
先生の「反対!」ですぐに修正した母、自分で自分を褒めたい反応だと思う。
スラロームは成功。
ただ、半分寝てるのか?というぐらいダラダラ・・。
涼しくなったら、スピードはでるんだろうか?

2018年7月30日月曜日

シンクロ

クーラーの風が通る道に並ぶ我が家のわんこたち。
そこが一番涼しいよね。
クーラーは君たちのためにつけてるようなもんだからいいさ。


暑いから、長い散歩に行けない。
台風は逸れたけど、微妙に雨が降り
次の日も午後はときどきどしゃぶり。
段ボールをミンチにしてくれても、大目にみよう。


2018年7月26日木曜日

20180726 ソフィア&イオス

暑いから、17:30以降につけばいいかぁと
降ろしてあったケージを積んだりしているうちにポツポツ・・・。
うぅ・・どうしよう~~~キャンセル?
しかし、先週は休みにしてあったし(39度近い気温で夕方も暑かったから結果的によかった)今週休みにすると、月初の2日はそれこそわからないし、
9日は旦那が休みだからレッスンには行けない・・・(ごはんが早い時間にいる)
え~い、行ってあまりに土砂降りなら、そこで帰ってくればいい。
お散歩に行けないほど降ったら、犬たちには車で出かけるだけでもいい気分転換だしね。

着いたら・・雨はほぼ降ってなかったけど、ゴロゴロ・・・??ん??
「カミナリ???」
遠ざかって行くみたいだから、ソフィアから。
イオスはカミナリ苦手なんだけど、車から降りてトイレも行って気にしてないみたい。
ソフィアが終わった時点で決めることにする。

コース検分の時に、また、イオスと同じように走ろうとしている自分に気が付く。
ソフィアの着地点と理解を考えたら、ハードルの間に立ったまま手とコマンドだけで
180度回すのはできない。
自分の判断で走って、上手く行かなかったら聞くやり方は
ソフィアを気持ちよく走らせて、楽しいって思わせるにはよくないかもと思ったので
先生にあらかじめコースの走り方を詳しく聞くようにした。

やはり、ソフィアはハードルの斜め前から両手を出して、
その間にソフィアを入れる感じで一緒にぐるりと周り、
横のハードルに誘導して「ジャンプ」跳んだ瞬間から「ハウス」でトンネルを見せる。
ハウスは入ったら任せて、次のハードルを先行で受けて、入れ替わる。
ハウスは入れるまではしっかりついていくこと。
ハウスに入れてしまったら、任せていい。
直線のトンネルは入口に付いていけば出口で受けるのは間に合わないから
リアで次のハードルを跳ばせる。
ソフィアはリアは苦手だけど、練習して母が後ろにいても自信を持てるよう練習だね。
前回撮ってもらったビデオで母が不必要にウィングの内側に入るクセがあることを発見。
母のこのクセは不要なときに犬を押してしまうので、コースアウトにつながる。
ウィングの外を走るよう注意。

リアは1回目は躊躇なく跳び、2回目はタイミングが合わず詰まったけど、跳んだ。
練習すれば出来るようになるかな。
そのほかは、運動不足だったし、入念な検分でほぼノーミスで走っていたこともあり
楽しそうに走っていた。
「楽しい」だ最大課題だから、今回は大収穫。

 イオス
イオスと走ると「あ~~らくちん」
コマンドを間違えても、手の動きだけで、どの障害か理解してくれる。
でも、これに甘えちゃいけない。
きちんと指示してやらねば。
先生からも180度回すようなコースのときは、きちんと呼んで、指示すること。
シーソーやAフレームは先に走っていくのは、乗ってから。
スラはだいぶ安定してきたけど、出口までしっかり声をかけないと抜ける。
イオスも久しぶりに運動できて、走れて、楽しそうだった。
カミナリもどっか行ったし、雨も降らなかった。

頑張ってよかった。



2018年7月25日水曜日

ソフィアの再教育

先週の土曜日の朝、うちまで数十メートルのT字路で、
ソフィアは壁の陰に向かって、吠えたてはじめた。
犬がこちらに向かって来ていたらしい。
母からは死角で見えなかった。
T字路はアブナイので、その手前でイオスとソフィアを止め
リードを短く持ち直していたにもかかわらず、引き倒された。
「いけない」「すわれ!」のコマンドを無視、吠えたてながら、近づく。
イオスもソフィアの興奮ぶりに、何事かと一緒に近づこうとする。
一歩、前に出てしまうと、体幹がいまいちな母、持ちこたえられない。
左手はひじから手首まで擦り傷。
右手は手のひらを深く削って、リードがかかっていた中指は内出血と腫れ。

傷も痛いが、コマンドをガン無視した二匹に凹む。
特に、興奮しきって吠えたてて、近づいて行ったソフィア。
まったくしつけができてない状態ではないか。
その場でマズルを持って叱った。
まぁ、すざまじい悲鳴を上げること。
まるで、丸太がなんかで打ち据えられているかのような悲鳴。
通報されても仕方ないレベル。
そんなことで怯む母ではない。
「うるさい」と一喝して、説教。
もう、このときのソフィアの顔。。。
天地がひっくり返ったかのような、びっくりした顔。
思えば、イオスよりパワーダウンするいろいろに叱り方も甘かった。
ここまで、「許さん!」と言う勢いで叱ったことがなかった。
反省。
イオスは「こらぁ」という母の罵声と転んだ母にしまったと思ったのか帰ってきて
横でブルブル震えている。
それぐらいなら、最初から行かなければいいと思うのだが。
こっりもキッチリ叱る。
一旦、イオスを自宅へ置いてから、ソフィアだけをつれて散歩に行く。
もう1回散歩に行けると思ったか、得意げに歩く生意気むすめ。
まったく反省してない。
犬がいる家の前で、「うぅ~~わん」と言いかけたとこで、ガツンとショックいれて
「いけない。座れ」。
反抗的なソフィアに母、ガッツリ、叱る。
なんで、あたちがここまで叱られなきゃいけないわけ?っと、ご不満そうな顔。
先ほどのT字路にももう一度行き、歩かせてみる。
壁の向こうに、なんかいないか、きょろきょろ。
意図的に獲物を探してるのか・・・。
出会いがしらにびっくりと言う距離でもなかったし。
キョロキョロしてるので、名前を呼んで座らせようとしても無視。
はい、もう、これはまたマズル持って叱りました。
今度はうちの玄関で「ハウス」のコマンドに
「お里に帰らせて頂きます。こんなに叱られるなんで、やってらんない」
ってことで、ガンとして入らない。
「ハウス」「静岡に帰る!!!」のせめぎ合い。
自分の意思で入ってもらうまで、根競べ。
ようやく、家にはいると、イオスは階段で震えていた。
母、久しぶりにヤバイ人みたいな怒り方にました。

その後、犬友さんに「二匹連れだと、叱るのが面倒って言うのも会って甘くなるし
イオスの威を借りてるとこもあるかも。おひとり様散歩で、しっかりしつける」を
やってみた。
これが・・ものすごくいい子。
犬のいる家の前も「わ・・」と言うぐらいで「いけない」というとすぐにやめた。
前にでても、振り返って、こっちでいいか確認してくるし、基本、側脚であるく。
しばらく、続けてみないと本当に出来ないことがわからないかな。

ソフィアが吠えかかることで、相手が万が一、ケンカを売ってきたときに
イオスが応戦したときに、イオスが大きいだけに、相手がけがでもしたらと思うと
イオスが応戦するのが一番こわい。

ソフィアが吠えかからないのが一番のトラブル回避方法なのだから
ソフィアの再教育をしっかりする。

女の子だから、きつく叱ると関係性が崩れるんじゃないか腰がひけていたとか
イオスに比べてパワーがないからつい甘くなったとか
いろいろ反省することばかり。
きちんと叱ることで、関係性が悪くなるならば、
そんな関係はもう一度立て直せばよかっただけのことだった。

母は心を入れ替えて、しっかりと叱れるようになるぞ。

もんどりうって倒れたあとも吠えかかりつづけたので擦りむいたと思われる。

叱られ疲れて母に持たれて寝る・・・
可愛くなってしまうが、これはこれ。