2019年1月14日月曜日

自主練 スラローム

イオスはスラロームを最後から最後から2本目のポールを回りきらずに直進する。
出来ないというより、面倒になって、もういいやんって感じ。
ガードがあっても跨いだりするなら、わかっていない、足運びができない・・などの
理由もありかもしれないけど
ガードがあればちゃんとやるし、やる気満々のときはちゃんと最後までできる。
単純に「やらなくてもよくなくない?」な気持ち=最後までやるもの としての認識が
薄いんだと思う。
これは、もう、回数を重ねて、「きちんとやらねばならぬ」と覚えてもらうしかない。
スラロームは得意不得意のほかに、練習量がものをいう障害らしい。
ポール買おうかなぁ~
でもイオスはポールそのものがコワイとかじゃないから
12本ないと最後までやる練習はできない・・12本かぁ。
庭は細長いから並ぶよ・・でも12本セットって1万円超える??
自作する手もあるけど・・・1度をはじめたころ作りかけて挫折した。。

12月末の競技会でイオスがグレてたころからビギナーデビューするころまで
レッスンで一緒になっていた大先輩にスラローム問題を話したところ
「捨てようと思ってたセットがあるから、あげる!」
遠方から通っていた方なので、その方と同じ地域の生徒さんが預かってくれ
スクールに置かせてもらい、母がレッスンの時に頂いてきた。

3月並みの好天気のなので、さっそく、庭に設置。
お~いい感じに設置できた。

さて、イオス登場。
庭=遊び場とトイレなイオスはスラロームに真面目に取り込む姿勢はゼロ。
大好きなトンネルやジャンプ系ならともかく、面白くないスラローム。
スラロームそのものを真面目に取り組ませるのに四苦八苦。
「遊びじゃない!しっかりやる!」とつい叱り飛ばしてしまって反省。
手の先にオヤツを持って、やっと、なんとか、途中までやる様になった。
ふと「誘導するように手を振るのやめて」という先生のアドバイスを思い出し
いつもと同じように、「スラ」のコマンドと手を叩いてリズムを取る程度にする。
最後1本をぬかして、何とか、やる様になった。
そして2日目の本日。
スラローム練習するのはわかったようで、最初から「一応」真面目に取り組む。
最後の1本は相変わらず抜かすのだが・・。
強くコマンドをかけるのと、体を寄せてでも曲がるように誘導。
う~~ん、休みごとに繰り返して、覚えるのか?
すくなくとも、スラロームが楽しい遊びになればいいけど。

ソフィアは、このスラロームを怖がらないならOK。
庭に一匹で出してみたけど、特に怖がる様子もない。
間をくぐるように呼んだり、走ったりしてポールそのものに慣らせば十分かな。




2019年1月13日日曜日

ダブルへそ天

二匹並んでのへそ天。
初めてみた~。
多頭飼いの醍醐味?

2019年1月11日金曜日

2019011 イオス&ソフィア

2019年、初レッスン。

イオスもソフィアも絶好調。
そのスイッチ、競技会で入れて欲しい。

そして・・イオスが更正に励んでいたころ、アジリティのレッスンに通っていた
大先輩からのお届け物が届いていた。
スラロームのセット。
ずっと欲しくて、でも、結構なお値段で・・
年末の競技会で会って、イオスのスラロームのことを話していたら、
使っていないセットをくださると・・。
くださる方はスクールのレッスンに現在は通えないので、
レッスンに通っている友達に預けて下さったのを、先生がまた預かっていてくださった。
こんなに早く届けてくださって、嬉しいよぉ。
まだこれからソフィアも教えなきゃいけないから、ほんとに、ありがたい。

イオス
絶好調。
スラロームを単独練習してから、コース。
最初の2,3回は良い感じ。
足運びも右、左とうまく広がる様に運べるようになってきた。
が、しかし
4-5回目になると、最後から2本目で止めるようになった。
ここで、ガードをつけるために先生がもってくると、トンネルに避難。
表情から、ホントに怖いというのもあるけど、甘えてるのもあるなって感じだった。
「来い。こわくないでしょ。」と言うと、すんなりでてきたので褒めてオヤツ。
フツーにやったところをみると、それほど怖いわけじゃなく、甘えてみせたんだろうな。
コース
3走してスラロームはミスなし。
コースそのものも、細かい修正はあるものの、CR。
先生から、先行で受けたところをエアに変更してスピードを殺さないように。と。
スピードは落ちないし、イオスもノリノリで走る。
けど・・・母は休むところがなくキツイ。
競技会なら、そのままいくだろうけど、練習ではきっちり止まらせたいタッチ。
シーソーでいい加減な止まり方をしたので、やり直しをさせる。
1度、いい加減なことでOKをだすと、次からもOKなんだとなり、どんどん崩れるからね。

ソフィア
母のハンドリングが遅れ気味なときも、目の前の障害をこなしていけるようになったかな。
が、
「ハンドリングがザツ」と先生から。
トンネルまで、母が全力疾走しながらばソフィアはスピードに乗れるのに
ソフィアだけで行かせようとするのは、「ザツ」
そのかわり、出口はもっと先で待っていても来る。
最後の直線もソフィアに任せず、一緒に走り込む。
前回にひきつづき、カラーを外して走る。
1度への小さな小さな1歩。


 レッスンがある日は二匹とも寝るのが早い・・・。




2019年1月3日木曜日

1月3日 仕事はじめ?

実家の父と昼ごはんをたべ、一人暮らしのおばの様子を見に行った母に
先に家に帰ったJr.からLINE。

なんだ~~これ~~~~




花かつお以外は時になにかを食べた様子はなし。
散らかしほうだい散らかすのが、面白かったのか?
自分だけ置いてかれることが続いたから?
上に炊飯器が置いてあるゴミ箱が入ったラックは引き倒されず、
器用にゴミ箱のみをひきだしてあった。
無駄に器用。

そして・・イオスはケージでお留守番なのだ。
つまり、ケージ破りをした。
ケージはパッと見た感じ無傷。
それどころか、ドアすら空いてないではないか・
ナスカンの巾しか開かないのにこの10センチもない隙間からでたのか?
いつもはナスカンは斜交いにかけるのだけど、Jr.にそれを教えるのを忘れた。
斜交いにかけると、ここまでは開かない。


扉の下側はもう少しあいたからそこから頭をねじ込んででたな。
イオスは平べったいから、意外に狭いところでも頭さえ出れば、でれる。
もう少し、狭いナスカンさがさないと・・・と思ったら
リードのフックをケージに掛けて紛失を防止していることを思い出した。
傷んだリードのフックは捨てずにとってある。
それを使ってみたら、きちきちに扉を固定できた。
1っこしかないから、とりあえず、下部を閉じるフックにして、
上部はいままで通りのナスカンを必ず斜交いにかけるようにしなくては・・。

去年の1月3日は・・イオスが私が2階にいる間にゴミ箱を漁られた。
一昨年の1月3日は・・うちに来たばかりのソフィアがクッションをボロボロにした。

我が家のわんこたちは1月3日が仕事始めなのか?


2019年1月1日火曜日

2018年12月27日木曜日

20181227 イオス だけ

うちを出たときから小雨が降ってたけど、年内に1度はレッスンが受けたかったから出発。
それほど降るまいという予想を裏切り、スクールに着くと風も強く、雨もほぼ本降り。

でも、コースは1度が組みあがってたし、風音に慣らしたいからイオスはGO!

風でバタバタするテント前がスタート。
イオスは気にはしてるが、「怖くないよ」って言うと腰はひけてるものの座った。
待ても出来た。
早めにスタートして、アジに集中。
スラロームはガードが入口と出口についたまま。
ハードルを跳んだら、着地点から反転して、戻ってからハードル。
そのハードルも反転してAフレーム。
ドラハでAフレームの代わりにスラロームだった。
1回目 ドラハと同じように1本目をリアで跳ばせてそのまま2本目に呼ぼうとしたが
回し切れず、イオスに無理な姿勢から跳ばせてしまった。
その後、向こう側から反転させるのに自分の内側に入れようとして失敗。
「なんでそんな複雑なことするの!」
「1本目を先行で受けてそのまま一緒に2本目のハードルを跳ばせたい位置まで行く。
跳んだら、ハードルを軸に一緒にぐるっと回れば、目の前にAフレあるでしょ。」
あ!!
そのとおり。
最初のハードルを先行で受けるには十分な距離。
次のハードルのことを考えて、このハードルをどうするか考えればよかったんだ。
前のハードルをどうするかという視点から次を考えるからダメなのね。

ドラハでどうすればいいのか、反省して考えたのが正解かどうかわからなかったから
復習できてよかった。
に、しても、反省して考えたハンドリングを微塵も入れずに走ってしまった。
正解じゃないけど、ドラハのハンドリングよりはるかにマシだったのに・・。
ドラハと同じことをするなんていかん。。。
「ハードルを軸に反転」覚えなきゃ。

イオスは何度かテントを見て逃亡したけど、呼んだら来てちゃんと座れた。
収穫。
ガードは全く気にしなかった。
安心。

雨のなか、レッスンしたかいがあったよ。


ソフィアは
「ビビリちゃんなので、リンクが怖くなると困るのでやめます」って先生には言ったけど
母のココロが雨と風に折れたので中止。

2018年12月23日日曜日

ソフィアはドラハデビュー イオスも参加

直前のレッスンでスラロームをトンネルに籠城して拒絶したイオス。
拒絶の原因はたぶん「ガード」
ガードは競技会では絶対に見ないから、大丈夫だといいんだけど・・。

ソフィアはビギナー1にエントリー。
11月の練習会でスタートでビビッて、「ジャンプ」のコマンドで
母にくっついて来てしまったので・・同時スタートにすることにした。

「同時スタート」はイオスでは経験なし。
走りだしたあとにコマンドなのか、コマンド言ってからスタートなのか?
直前レッスンで練習したけど、いまいち、要領がわからないまま。

同時スタートなんて、かっこいいもんじゃなく・・・
「待て」が出来なくって、犬が動いちゃったから仕方なく、走り出しました・・な感じになってしまった。
グダグダなスタートでも走りだせば、集中してくれるのがソフィア。
でも右側につけたまま旋回するところで、母の左へ入ろうとしてハードルをスカしかける。母が左へ旋回するのが早かった・・。
跳ばせてから、左へ動けばよかった。
イオスなら右手で指示しながら「ジャンプ」とコマンドをかければ跳ぶんだよね・・。
そのタイミングというかクセはソフィアでは封印しなくてはいけないのに、、
競技会とか練習会では母が忘れるというか・・・。
危うく、なんとか跳んで、トンネルなんだけど、
ここでも母が左へ動こうとしたのについてきそうになる。
慌てて、右に戻り無事、トンネルに入る。
その後は得意な左側について走るコースになったこともあり無事にゴール。
ソフィアの場合はレッスンではかなり離れてもコマンドを聞いてくれるけど
競技会ではまだ旋回する場合は跳んでから離れるようにしないとダメかな。

タイムを確認に成績を見に行って「ひぇ~~~~」
4位だよ。
おリボンだよ!
2つ取られたかなと思った拒絶は1。タイムは36秒。41秒制限だからギリだよ。
そして、完走したのが4ペアだった。(CR3ペアと拒絶1のソフィア)
つまり、ゴールしたペア全員がおリボン。
拒絶1でボーダーたちの2倍以上のタイムで4位。
他のペアが失格だったからもらえたおリボン。
たなぼたという。


もしかして、あたちはエライの?
 イオス
ジャンピング。
コースみて、あぜん・・・。
トラップだらけじゃないか。
スラロームができれば、イオスの反応の良さならなんとかなるかも思ったけど。。
なんせ、あの拒否っぷりでは、直前でUターン逃亡も考えられる。
「お願いだから、忘れてて~」と思いながらスタート。
得意のリアが生きて、他のわんこが軒並み失敗したところもクリア。
スラロームも綺麗に入って、リズムを取って・・
失敗しやすい最後の1本!そこで手を叩いて注意を引こうかと思ったけど
上手くこのまま行けるかもと思った・・
その迷いで「スラ!」の声掛けのリズムが遅れた・・
曲がりきれずに?悪い癖がでて「もう終わり」って反対側から抜けてきた・・・。
レッスンでやり直しがきっかけで拒絶の嵐だったから
AGがまだあるから、ここは気持ちよく走ってもらうことを優先。。
そのまま続ける。
最後の関門だなって思っていた90度まげて入るトンネル
ちゃんとトンネルに向かったので、ついていくのが間に合わないかもと思い
かなり手前で「ハウス!」とコマンドをかけたら
入口が横にあると思ったらしく曲がってしまった・・。
入口はなく・・仕方なくハウスを跳びこすイオス・・・・。
イオスの反応の良さなら、コマンドを聞いたらすぐに入ろうとするのに
まだ、イオスからは入口が見えない位置で「ハウス」のコマンドをかけた母がわるかった。
スラロームは練習あるのみ。
おうちで練習できるように用具が欲しいなぁ。

AG
再び、あぜん。
ジャンピング以上にあぜん。
1度でこんなS字に回すハンドリングは習ってない。
同じスクールの人たちもみんな、どうすればいいのかわからないって。
3度や2度の経験があって、二匹目の人ですら、どうしたらいいのかと・・。
特にハードルからスラロームに入れるには跳んだハードルの脇を通らせて戻るように誘導してから反転してスラロームに入れる。
ハードルを跳んだあと、ハードルを背中にしてイオスを呼びながら誘導するしかない。
予備が遅いとハードルの正面にある別のハードルやトンネルに行ってしまう。

あまりにムズカシイのでもうCRなんて考えられず、すべての欲がなくなった。
そのため、なんだか、リラックス。

スタート直後のS字コースはイオス得意のリアが綺麗に決まって余裕をもって
トンネルに入ってくれた。
問題の7番ハードルまでいい感じだった。
ここさえできたら、あとはイオスには問題ない・・
7番ハードルは右から左に飛んでくれるはずが、右からは跳んだけど、真っ直ぐ着地。
ここで左側から大回りでスラロームにまっすぐ入れるコースにする予定の母は
「なぜそこにいる」って、慌てて正面を向いたまま呼んでしまった。
ハードルの向こう側のイオスは不思議そうな顔をして母を見たあと
ちょっと考えて、ハードルを自信なさそうに跳んできた。
「しまった。。呼んじゃいけなかった・・」とすぐに気が付いたものの
考えてるイオスになんといえばいいのか浮かばず、まごついてるうちに跳ばれた。
跳んだばっかりのハードルは跳んじゃいけないって覚えてるイオスは
「これは跳んじゃいけないんじゃない?でも、来いって言われた・・」
それも正面向いてるから「あ~そうか、時々、跳ぶな・・」って思ったんだろうね。
イオスはすでに右側にいるんだから、当初のプランは捨てて
右側を通すようにすればいいだけだった。
ハードルを背にしてイオスを母の体の前に誘導してそのまま横移動でスラロームの入り口まで行ってイオスを巻き込むように反転すればいいだけ。
大外周りのプランを内回りにするだけだった。
とっさの判断ができなかった。
検分の時に、どちらもあり得ると思うべきだった。
スラロームはイオスは母がなんでがっかりしてるかわからず
文句を言いまくりながら走るから全くスラロームにならず。
あんまりに酷いから、一度、座らせて落ち着かせてからやり直し。
きちんと最後の1本までやれた。。
できるじゃん。。。
コースの2/3ぐらいのところで、時間ぎれ。
タイムオーバーはあっても、失格で制限時間で退場させられたのは初めてだよ。
唯一の収穫は「スラロームはトラウマになってない」と確認できたこと。
もしかして、にぃちゃんに追いついたりする?
 しかし・・2度も難しかったらしく「帰って来さえすれば、おリボンだね」

年々、各クラスのコースが難しくなっているらしい。
ビギナー1なんて昔はU字コースだったらしい。
今じゃ、くるくると2回は廻るぞ。


あとは、オヤツのお買いものと人間のお土産用に練り物やら干しイカを購入。

 イオスたちにはレッスン仲間が差し入れしてくれたわんこ用ケーキ。

その前に
ソフィアの表彰式。

同胎ののぼりちゃんは2度クラスで5席。
同胎2匹で同時におリボン。
ソフィアは一番簡単なクラス。のぼりちゃんは上から2番目のクラス。
大きく差があるけど・・やっぱり嬉しさ2倍。
いつか同じクラスで走れるといいなぁ~。
まずは遠隔でスタートからだ・・・。

その後、ソフィアの犬舎の人たちと待望の焼肉~~!!
グルメなのぼり父がセレクトしておいてくれただけあって、美味しかった・・。
上等なお肉~~なんだけど、お値打ちだったし。

次回も美味しくお肉が食べれるといいなぁ。

今回、アイス屋さんのアイスを食べ損ねた。。。