2017年5月24日水曜日

リリー様の介護日記

5月18日
16日ぶりの注射。
よくしたもので、さっそく食欲アップ。
便秘対策でお腹をさすっていて気が付いたしこりについて質問。
「気が付くなよ・・・」って先生。
筋肉についている感じからして悪性の乳腺腫の可能性大。
確定するための「生検」はしない。
なので治療はしないことになる。
今のリリーには苦痛なく穏やかに暮らしてもらうことだけを目指していく。

5月23日
少し食欲が落ちたかと思ったけど、「ちゅ~る」を先にやって食べる勢いがつけば
「総合栄養食」であるカルカンを食べてくれる。
総量とすれば、パウチ1袋~1.5袋とちゅ~る1袋ぐらい。
足とほほのよだれ汚れというかよだれに含まれる色が染まっているのが酷い。
よだれは拭いているが、寝てる間についたり、よだれがついた前足で擦るからかな。
人間の赤ちゃん用固形石鹸がいちばんよく汚れが取れるけど限度がある。
なにか、この汚れを取るいい方法がないかな。
ネットで調べてもいいものが出てこない。
便通が3日ほどないのが心配。
朝、ソフィアが庭でなにかを気にしているのでみると、リリー様が庭にいた。
まだまだ、元気というか気力充実してるってことだろうか。
夏休み、Jr.に会うまでは大丈夫かな。

2017年5月20日土曜日

グレートデンの女の子

イオスの同犬舎わんこがお世話になったご縁で、お邪魔するようになったブログ。
クレートデンの女の子を預かられています。
縁はどこに転がってるかわからないということで、預かりブログのURLを転載します。
グレートデンと暮らしてみたい方、
グレートデンとくらしてみたいと思っているお知り合いがいる方
下記のURLを一度、覗いてみてください。

http://ameblo.jp/87yori/

2017年5月16日火曜日

リリー様近況

昨年7月に17才になった直後に便秘症になって以来、
何度か獣医さんにお世話になるレベルの便秘を起こしていたものの
それ以外はドライフードから切り替えたウエットフードをそこそこ食べ
元気にすごしていたリリー様。

3月、顎が腫れ、若先生のところで抗生剤を処方してもらった。
野戦病院の先生が主治医なのを承知してくれてる若先生は
「今日処方した薬と注射の薬名」を書いたメモをくれた。
「今日は飲み薬だけど、これから腫れが酷くなったら、2週間薬効がある注射があるから
それを検討することになると思うよ」ということだった。

これで腫れがひくといいのにという望みを持っていたけど、
1週間分の薬を飲んだ後も腫れが引かず、食欲も落ちてきたので、野戦病院に向かう。
見立ては若先生と同じ。
「これだけ腫れてると、飲み薬はツライから、注射にしよう」
「食欲が出てきたら、2週間ぐらい来なくていいけど、食欲がないままなら3日後にきて」
おうちに帰ったら、さっそく、「ゴハン!!!!」と鳴かれました。
それもカリカリ。

2週間ほどすると、また食欲が落ち、よだれが匂いだしたので、再受診。
注射の効果を聞かれ
「食欲がでて、よだれの量が減り、匂いがなくなり、色も透明になる」と報告。
2週間間隔での注射ということにする。

5月2日に注射。
いつもなら、ソッコウで食欲がでてくるのに、あまり食欲が上がらない。

5月7日
6日から全くなにも食べず。
気力はまだまだあって、ソフィアを叱っていた。
だが、かごでぐったりしている。
東京のJr.に「今度こそヤバイかもしれない」と連絡する。

Jr.にやばいかもと連絡をした日のリリー様。
まだ、目力はあるような。

5月8日
朝になりいきなり「ごはんや!!」と怒られる。
黒缶を1/3ほど。

その後、食欲が蘇り、排せつも順調。
しかし、左側の上あごの牙がなにかおかしい。
本来、下向きのはずが斜めになっている。
上あごが腫れているのかと思い、口をあけてみたけど、素人目にわかるような腫れはない。
むしろ下あごの腫れが酷くなったのか?
食欲はあるので、様子見。
その次の日、舌が左側から出ているのに気が付く。
右側の下あごの腫れが酷くなっていて左に押し出されている?

5月13日
奥歯が抜ける。
ちょっと食欲が落ちた。

5月14日
「ご飯や!!!」と叫ばれるのだが、なにを入れても気に入らず。。

5月15日
ローソンで買ってみたPBのオヤツとカリカリ。
オヤツは一袋完食。カリカリも10gほど食べた。
排泄はおしっこは出てるけど・・便秘で詰まっているのか、食べる量が少ないのかなし。
野戦病院の予約は18日まで取れなかった。
食べてるうちはいいと思うのだけど。
本当にぐったりしたら、若先生かもうひとつあてにしている獣医さんか。

「もうダメかも」と何度も思っていて、
「オオカミが来た~~」少年状態なのだけど・・・
今度も微妙な立ち直り加減。

舌が横にでてから、よだれの量が大幅に増え、口から細い滝になっている。
まだ、押入れの上の段に上がる脚力も保持。
リリーに「食べたい」という気持ちがるうちは、なんとか食べたいものを
見つけてあげたいと思う。



避妊手術

5月12日、とうとう、ソフィアの避妊手術の日になりました。
前日から、母は超不安。
全身麻酔から戻ってこなかったらどうしよう・・。
元動物の看護師であるイモウトから、過去に聞いたあれこれがよみがえる~~
避妊手術は「産ませない」と決めた以上、必要だとわかっていて
ソフィアを迎えたときから決めていたことなのだけど。。。
野戦病院の院長は充分に信頼できる経験値と腕があるけど・・・。
犬友さん達に励まされ、当日を迎えました。

野戦病院は「なにもなかったら電話しない」主義。
手術してる日に電話なんかあったら心臓に悪いやろう?という思いやり?
夕方、もう麻酔から覚めている時間になっても電話が鳴らなかったから大丈夫なはず。
「電話をこっちからかけるならよくない?」と思ったけど
元従業員のイモウトに聞くと「かけないって言ってるのにかけると機嫌わるくなるぞ」
しかし、よくできたイモウトは「今日は姉の犬がお世話になりました」とメールしてくれた。お返事は「手術はとりあえず終わった。ケージの奥で固まったままやけどな」
もう、母、ほっとしました。

次の日は朝から土砂降り。
この雨のなか、術後のソフィアを抱えるのも、歩かせるのもきついなぁと
小降りになるのを待って10時過ぎにお迎え。
待合室に出てきたソフィアはだっこ~~だっこぉ~~と甘えてきました。
イオス方式の無視じゃなくってよかった。。

おうちに帰ってきて、寝てないはずだからすぐに寝ると思ったけど・・
眠くてしかたないのに寝れない感じ?
廊下でぼ~っとしたり、和室でいきなりおトイレポーズとったり
いつもの場所でちゃんとトイレを済ませたあとも落ち着かず・・
母が昼寝体勢をとって寝るふりをしたら、ようやく寝てくれました。


そして~~夕方、夕飯の準備をしていて、ふと振り返ると~~
術後着が!!!!!ぎゃぁ~~~っ。
肩が噛み切られてる~~~っ。
伸びる素材なので、肩で結んでしのぐ。


しかし、術後2日目にて両肩を再び噛み切られ、齧られ、再現不可能になりました。
ハイウエストのパンツ状態。
これもいつまでもつやら。。。


この術後着のおかげか、まだ動きにくいのかいまのところ大人しめ。
ですが、難題はイオスの散歩中のお留守番。
ソフィアだけ残していくのですが、ケージに入るのは断固拒否。
フリーで残して行っても「ひゃいぃぃぃぃぃ~~~~~~~ん」と
ご近所中に聞こえるようなおおきな、今にもころされそうな声で泣き喚く。
かといって連れて行くわけにはいかない。。
イオスの散歩を短めに切り上げるしかない。。
イオス、しばらく辛抱してください。ごめんな・・・。




2017年5月11日木曜日

その70+ソフィア7

イオス
これ、殆ど、被せるようにイオスを内側に巻き込んで走らないといけない?
ってことは、距離が長く、全力疾走しないと間に合わない?

①⇒②は内側を走る原則だと④Aに行きにくい気がして外側から被せる選択。
 この場合は②の向こう側が母のスタート位置でないと間に合わない。
 イオスが左に常にいてやりやすいけど、競技会だと離れすぎて使いたくない。
内側をためす。
 ④Aを後ろから指示するのが不安だけど、この方がスタートは安心。
 Aが前よりちゃんと出来るようになったからこちらの方がいい。
 母が走る距離もスピードもなくていいし。

*暑さでイオスの集中が途切れがちだけど、前のように完全に吹っ飛ぶとこまでいかなかった。早めに呼んで、集中が戻ったら褒めること。
*タッチはちゃんと止まってるんだから、きちんと、褒めること。(練習で)

ソフィア
①正面停座 ⇒ 待て (リードの長さ分)
②正面停座 ⇒ 待て (リードを置いて、背中を見せて10mぐらい離れる) 
③脚側 5Mぐらいをゆっくり歩く
    コースは自由でいいので、長めに歩く。
    集中させるために、常に声を掛けたり褒めたりし続ける
④臥せ ⇒ 待て
 臥せ ⇒ 座れ
⑤立て 前に障害物を置いて、後足を引く形を覚えさせる。 特訓科目。
  GWまえからやってるけど、いまひとつ「たて」のイミがわかってなかったのが
  やらなきゃいけない行動は理解してるけど、立ち方の修正は理解してないかな。
  これは療養中に体慣らしするときに重点的にやろう~。

ソフィアは12日に避妊手術をするので、6月8日ぐらいまで、休講です。

2017年5月5日金曜日

遠方からお客様

一昨日、おじゃましたばかりなのに、また来てます。
ひと葉さん。
今日は、東京へ向かう途中にひと葉さんに来るイオスの親戚犬の保護者さんと
ラン友のルフィくんとパウダーとのお茶会。

途中で「しいたけかつ丼」食べて、一番で到着。
お客さんがいない時間帯なので、裏手の休耕田でちょっとだけ走らせていただく。

そうこうするうちにイオスが大好きなルフィくん到着。
イオスとはラン友達だけど、今日の主賓とルフィくんも知り合いだったという
世間は狭い・・・なつながりで今日はご一緒させて頂いてます。

パウダー家、今日の主賓も到着。
犬談義に、もろもろ・・お茶会がひと段落したところで、
大人しく?待っていてくれたわんこ達のお楽しみ・・「山散歩」に出掛ける。

昨日は30センチほどのがけ?を降りれずに抱えて小川に入れたソフィアが
崖を駆け下り、駆け上がる。
勝手に山の斜面を登っていくし・・・。お前は・・子狸か?
山道をものすごい勢いで走っていき、イオスが慌てて追いかける。
ソフィアはもはやクロスカントリー状態。



イオスを呼び戻すと一緒に戻ってくるから、安心だけど。
先頭にたとうとして山ガールのパウダーに、年下・経験不足のくせに生意気と怒られる。
おうちではイオスが怒らないから調子に乗ってるソフィアにはいいことだ。


それ以降はパウダー姉さんについていくと決めたみたい。
 行き止まりの広場で、恒例の記念撮影。



イオスなんて、帰り道はパワーダウンして、若者が小川に降りても見てるだけだった。
帰り道でチャージ終了した気になったソフィアはテンション高いまま「まだ遊ぶ!」
その横で意識を手放しているイオス。
若いってすごい。

だけど、やっぱり疲れていたみたいで、寝落ち。

仲良くシンクロ。
明日は雨予報だから、ここまで疲れてくれると助かる。
楽しかったねぇ。

2017年5月3日水曜日

ピクニック

親戚犬ハヤテくんが看板犬だったひと葉さんで、むつき家を迎えて、ピクニックです。
当初は持ちよりパーティのはずが
「なんかめんどう」な母たちにより、コ☆トコパーティ=商品試食会となりました。
メニューは・・
定番プルコギ
ウィンナー
ローストチキン(Tボーンラムがなかったのでかわり)
アヒージョ(ブイヤベースがなくって)
ブロックチーズ(溶かしてフランスパンにつけるの)
フランスパン
サラダ
お寿司(48貫)
アスパラ
緑のブドウ
木村屋のチョコ蒸しパン

大人8人で、次の日のおかずにお持ち帰り分ができるぐらいの量でした。
ひと家族3,170円。
大人数だと、お値打ちなパーティが出来るんだな~と実感。
次回は適切な量や品数もわかったし
(お寿司はもっと少なくていいし、プルコギは最初からお持ち帰りを含めの量になるとか
ローストチキンの代わりにチキンサラダとかの方がいいかもとか)
次回はもっと充実できそう。

飲んだり、食べたりの間はバリケンインだった、わんこたちのお楽しみは
休日だったひと葉さんの駐車場の奥の休耕田と農道と小川の爆走会。

ソフィアは勝手にパウダーについていくことに決めたみたい。
 兄を狩るイモウト。
兄を後ろからつけ狙うイモウト。
イモウトを気遣う風な兄

たっぷり楽しんで、渋滞を避け、ひと葉さんを後にしたのは7時すぎ。
ハヤテくんはお空勤務だけど、ちゃんと、ちゃんと、地上も目を配って
こうして、時々、親戚たちが楽しく過ごせるようにしてくれてるんだよね。
ありがとう。