2018年11月6日火曜日

おなかこわしました。



 あたち、ソフィアです。
昨日からおなかの調子がいまいちなの。
日曜日に、小寒い雨降りの中、いちにちおそとにいたからだと思うの。
おかあさん、これからの季節は、お車で待つときは毛布を入れてね。

でも、おかあさんは「たべすぎ」だって。
だって、みんな、滅多に食べられないようなおいしいおやついっぱい持ってるんだもの。こういう時こそ、あたちの最大の武器「笑顔」と「美貌」を活かすときじゃない。
だれ?
外面がいいって言ってるの。
これはりっぱな生活力っていうやつよ。



とにかく、月曜日の朝からお腹の調子がよくないの。
朝ごはんは半分にされて、それもお湯でふやかしたやつ。
「百草」っていうのと「ミヤ」っていうお薬をのんだんだけど
朝はまたきゅるきゅるして、おなか痛いし。
お昼はふつうだったの。おくすり効いたかなっておもってたんだけど
夕方、またきゅるきゅるってしたの。
おかあさんにお薬のむためだけにごはんをすこ~~~~~しもらったけど
「ぜっしょく」だって。
おなかすいた~~
もうだめ・・。
おにぃちゃんがしてた、こんな、みっともないやつされそうになるし。
さいて~~~っ。。


今日の朝はおかゆみたいなフードとおくすりだった。
きゅるきゅるしないって思ったけど、トイレの途中できゅるってした。
今晩もおかゆみたいなフードとおくすり。
今のところ、きゅるきゅるしてないけど。。。
いいうんちがでるまではおにぃちゃんのパサパサフードのおかゆだって。
ほ~~んと、さいて~っ。


2018年11月5日月曜日

定点観測

シャンプーしたので、いつもの場所でいつものポーズで記念撮影。


イオスはやっぱり整ったいい顔してる・・。
お腹の飾り毛は健康診断のエコーのために、毛刈りしたからないけど。


ソフィアめ。
イオスのタテガミはやっぱり切られてる。
せっかく、男の子らしい、ふわふわのタテガミがったのに。

2018年11月4日日曜日

20181104 オープンコンペ

小雨振る、小寒い、山中のドームでオープンコンペ。
結果・・2匹とも惨敗。
直前の木曜日のレッスンでは、イオスは絶好調。
課題のスラロームは全部成功。
ソフィアは「知らないからできない」ことはあったけど、
スタートはきちんとできたし、ハードルをスカすこともほぼなし。
絶好調とはいえないまでも、手ごたえはあったはず。




ソフィア
1走目:スタートの待ては問題なし。
しかし・・・
「ジャンプ」の指示で、1本目のハードルを避けて、母によってきた。
スタート待ちの列に並んでるときにパドックのわんこに吠えられた。
しっぽいんっぽかったけど、オヤツ見せたら食べたから、そこまで凹んでなかったはず。
(散歩では、自らケンカ売りに行こうとするぐらいなのに、イオスが一緒じゃないと途端に弱気になる)
戻して、待たせて・・ここは待つ。「ジャンプ」のコマンドで母に寄ってくる。
だからね・・跳ぶまで、待ってるから。。
3回目も同じ。
しっか~~く。
先生から「同時スタートに変えて」と言われ、同時スタート。
1回目は母が動くのと同時に左側に来ようとする。
2回目、母が動かず、手だけ前に出して、ソフィアを誘導できるところまで
ソフィアの座る位置を移動して、ジャンプ。
2本目もソフィアより前に出ない位置でソフィアを誘導して跳ばせる。
そこまで跳んだら、後はいつも通りだった。
180度ぐるっとまわるところで、スカしたけど、
まぁそれはソフィアがなかなか覚えれないこと=今のところできないことなんで
仕方ない。
しかし、スタートはスクールでは助走のためかなり離すし、母もかなり離れるが
問題なく1本目を跳ぶようになってたから、ショックだわ。
会場もスクールの次に馴染みの場所。
もう、ホームグランドって言っていいぐらい。
そこで、びびったとはいえ、待ったあげくに、跳ばないなんて。

イオスが本番でスタートできなかった記憶がない。
まぁ、そのかわりコース途中で離脱・自由になる・リンク際に走って行って吠える
さまざまだったから、それに比べりゃマシな気もしないではない。

「場数を踏むしかない」んだけど、イオスの何倍も場数が踏ませてるぞ。

はぁ・・・・。

イオス
もう、スラロームに尽きる。
スラロームをどうするのか、ってことは理解できてて、ちゃんと右から入る。
でも、あきらかに、集中が薄い状態で母のリズムを取る手を見てないし
リズムを取るための掛け声も聞いてなかったな。
スラに入る直前からパドックで猛烈に吠える犬に
母がイオスが反応しないか緊張したし、その犬に母が気を盗られたことで
イオスも明らかに集中が切れた。
JPは3回失敗して失格。
リトライは1回目で成功。なのに、ほぼ任せられるトンネルをなぜか出てきた・・・。
母が焦って離れるのが早すぎた・・反省。
離れるなら、「いいよ~。お利口!」って褒めちぎりながら走るべきだった。
AGは戻るときに、スラロームをくぐって失格。
リトライも3回失敗。
まだ、しっかり集中しないと出来ないんだから、集中させるよう工夫しなくては。
それと、最後の1本まできっちりとやりきるように、教えなくては。
母は外の犬のことより、自分の犬に集中すること。

スラロームの精度を上げるには練習するしかないなぁ。
至近距離でギャン吠えされたら、以前のイオスなら、アジリティを放り出して
吠えに行っていたと思う。
でも、今回は気にはしていたと思うが、母のコマンドには従っていた。
吠え返すこともしなかった。
母に要求吠えはしたけど、「いけない」のコマンドが効いた。
「どんな状況でも集中する」こと、ちょと成長がみれたのが収穫?
ああいう状況でも、まずは目の前のことにハンドラーが集中することが大事なのだと
いいお勉強になった。



2018年11月3日土曜日

お誕生日エクレア

お誕生日におくれること3日。
ようやく、イオスのお誕生日ケーキを旦那が買ってきた。
と思ったら
エクレア~~~。
それもいっこはソフィアのだとのたまう。
ソフィアの時にはケーキで、イオスに分けたら、ソフィアに全部やらないのかと
のたまわった。
だったら、今回はぜんぶイオスのじゃないのか?
むすめには甘い。。

ねーイオス。
ぜ~~んぶ、イオスのだよね。
でも、イオスはいいこだから、ソフィアにも分けてあげようね。

これ、わたちのよね。
ボクのじゃないのかなぁ。
ぼくの・・
イオスのお誕生日だもんね。
10歳のときには丸いお誕生日ケーキ買おうね。
長生きしてね~。

2018年11月1日木曜日

20181101 イオス&ソフィア

久しぶりに快晴の木曜日。
ソフィアはまだまだ修行がたりません。
イオスは引き続き絶好調。

ソフィア
*スタートが難しい。
 ハンドラーが停止状態から動き始めると2本目を跳ばずに追いかけてきてしまう。
 ソフィアが2本目を跳ぶまではいきなり走り出さない方がいいみたい。
 ハンドラーが前を向かずに、ソフィアの方を見て、手でハードルを指示すること
 直線で並んだハードルは人が先に行っても、指示だけで跳ぶように練習しないと。 
*ハードルの向こう側からソフィアを呼んで跳ぶ練習。
 最初はハードルを回り込んできてしまったけど、何回か繰り返すと覚えた。
 ちょっとずつ、理解が早くなった?
*スピードがぐんぐん上がってきたので、先行する場所はハンドラーがダッシュする
 場所と待ち受ける位置が難しくなった。
 そろそろリアでハードルが跳べないと苦しい。
 トンネルはリアでいけるんだけどな・・・。

イオス
*タッチの走り抜けを練習。
 前に回り込んでタッチを掛けずに、横にいてタッチをかける。
 先行する場合も「タッチ!」とコマンドをかけて、少し先まで走り
 そこで体の向きを変える。
*スラロームで「スラ!」と大声で叫び続けるコマンドのかけ方を変更。
 なにをすべきかイオスが理解できているので、途中のコマンドは必要ない。
 「スラ!」と大きな声で意識を引き付けるのは入り込む前と中盤に1回に減らし
 「スラ」という言葉はリズム程度、目の前で振る手でリズムをしっかり取ってあげる。
*リアで旋回させる時は、1歩踏みこんであげると回りやすい。
 その結果、先行しにくいなら、イオスならリアで十分跳べる。
 リアが得意なイオスを信用してあげないといけないなぁ。

本日はヒトサマのオヤツがいっぱい。
ごちそうさまでした。